2019年06月22日

松山・呉の旅(4)大和

会いたかった大和に会ってきました、呉の大和ミュージアム。
全長26.3m、模型というより立派な船です。IMG_7653.jpg
相変わらず気になる点は一般の人とは異なるようです。
ブリッジは前からよりも後ろ側からの姿が好きです。
IMG_7810.jpg
たかが煙突ですが、こういったディテールの再現がたまりません。
IMG_7626.jpg
どうだこのシャープなライン、美しい。
IMG_7611.jpg
小学生のころ、戦艦の艦首は日本刀のようなかたちで、波を切り裂いていくのだと思っていた私は、図書館で借りた本にこのようにバルバス・バウ(球形艦首)であることを知って驚いたのを思い出しました。IMG_7804.jpg
「艦船めぐり」で見た最新型のコンテナ船の船首、これこのとおりバルバス・バウです。
IMG_7752.jpg
大和の艦上には乗組員達が、
チラ              ホラ
IMG_7643.jpg IMG_7627.jpg
チラ              ?
IMG_7629.jpg IMG_7646.jpg
とても大きい模型ですが、大雑把でもなく、かといって細かく作りすぎてもいず、縮尺に応じた作り込みが成された実にステキな模型でした。
名称未設定.jpeg
posted by M.OKUNO at 18:54| Comment(0) | 医者屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。