2020年08月07日

昔食べたぞこんな菓子・の今:総括

何かとまとめたがる私、今回もまとめてみました。
「昔食べたぞこんな菓子・の今」の特徴
1・小さくなっている。「昔の菓子は大きかった。瓦煎餅も三笠も黒棒も」
2・甘さが控えめになっている。「上品というか、物足りないというか。」
カロリーが似ている。「結構ハイカロリー。こんなの気にしていなかった」
4・今のお菓子とは異なる美味しさがある。「懐かしいというだけでなく、逆に今となっては新しい味?」(若者に食べてみていただきたい。)

以上



追記
地元紙に載っていました「カタパン」の記事。
小学校や中学校の祝い?の時、必ずといっていいほど配られていました。
今も売っているということで早速買ってきたのですが、
読み込み - 1 / 1.jpeg 読み込み - 1 / 1 (1).jpeg
・小さい、小さすぎる。(右/同時に買った焼きリンゴの、袋:実物比を見よ)
・まんまるいはずがまるくない。
・味は似ているといえば似ている、懐かしいといえば懐かしいが?
・梅雨のせいか硬くなかった。(数日おいたら硬くなった、これでかたぱん?)
名称未設定.jpegまあ、いろいろあります。
posted by M.OKUNO at 19:58| Comment(0) | 医者屋
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。