2017年10月30日

真珠漬紀行:上之郷あたり

近鉄志摩線上之郷駅手前右側国道沿い。といっても見当も付かないと思いますが、内宮別宮伊雑宮(いざわのみや)の近くです。(これでもわからない?)
IMG_2347.JPG
ん? 近くに寄ってみるとなんだかおかしい。
IMG_2343.JPG
いつもの廃屋?の壁にではなく、ポリカーボネートの波板という近代的?な壁の上に並んでいる...。
更に、近くによってみると、
IMG_2348.JPG
ん?
IMG_2349.JPG
ん?
IMG_2350.JPG
私の鑑定によると、この三つの文字は明らかに出典?が異なる。
ん〜ん、これは真珠漬マニア?が収集したもののうち、異なる三種の文字を意図的に並べたのか???、私の想像は宙を舞う。

okuno2.jpgでも何のために?
IMG_2343.JPG
posted by METCHセンター長 at 21:15| Comment(0) | センター長

2017年10月04日

神宮125社:鴨下神社(かもしもじんじゃ)

IMG_1067.JPG
両親の眠る墓地のすぐ近くにある鴨下神社。
ん?立て札が新しくなっている。
IMG_1049.JPG
境内に入ってみると木立の向こうに、できたてピカピカの社殿が!
IMG_1060.JPG
そうなんです。摂社も末社も125社すべてが順次20年毎に建て替えられているのです。
IMG_1051.JPG

okuno2.jpg真珠漬は一休み

posted by METCHセンター長 at 17:20| Comment(0) | センター長

2017年09月22日

真珠漬紀行 - 斎宮あたり -

近鉄上り斎宮駅過ぎ左側
家の骨組みを晒しながらそこそこの崩れ具合を見せています。
自然の力と時間の経過が織りなす微妙なバランスが魅力です。
IMG_2241.JPG
↑のすぐ近くにあるのですが、新しさが目に付きあまり魅力があるとは言えません。
ただ、新しい?建物になぜ古い看板があるのかという素朴な疑問が残ります。
IMG_2259.JPG
さて、これら二つの真珠漬を比べてみましょう。
左側が上、右側が下の真珠漬です。
IMG_2227.JPG IMG_2266.JPG
IMG_2226.JPG IMG_2265.JPG
 IMG_2225.JPG IMG_2264.JPG
気がつきましたか?
そうなんです、同じ真珠漬でも違うんです。
多分手本はあるんでしょうけれど、書き手によって異なる解釈・表現となっているのだと想像します。
お暇があればこれまでの看板も見比べてみて下さい。

okuno2.jpgいや〜、真珠漬けの奥は深いです。
posted by METCHセンター長 at 18:43| Comment(0) | センター長