2019年09月03日

れれれふふふの双頭パンダ

団地の双頭パンダたちです。
IMG_8213.jpg
劣化
IMG_8214.jpg
劣化劣化
IMG_8216.jpg
劣化風化
IMG_8215.jpg
風化風化
IMG_8210.jpg
かっかっか
IMG_8212.jpg
名称未設定.jpeg
posted by M.OKUNO at 19:20| Comment(0) | 医者屋

2019年09月01日

蛇足解説

「れれれとおじさん」を読み返してみると説明不足の部分が多々あるので解説してみます。
標準形?
IMG_8177.jpg
伊勢市内、少なくとも私の家の周辺ではこの形ばかりなので、これを「標準形」と名付けます。
IMG_8190.jpg
子供向け
IMG_8178.jpg
これも私の家の界隈によくみられるのですが、狭い路地から広い道に出るところ、特に通学路にある双頭パンダです。
IMG_8185.jpg
書き損じ?
IMG_2528 (1).jpg
おそらく、工事で掘り起こした跡を埋め戻したのはいいが、「止まれ」の半分を削ってしまったので、あわてて書いてみたものの? だと思います。
IMG_8198.jpg
名称未設定.jpegおでかけですか?(これは知っていますよね!)
posted by M.OKUNO at 11:12| Comment(0) | 医者屋

2019年08月30日

医者屋の四方山話:お盆疲れ

 神島は人口わずかに500人余りの小さな島ですが、お盆にはそれが倍近くにもふくれあがります。夜はお酒を飲みながら語り合う声が遅くまで響きわたり、昼は昼で、いつもの何倍もの子供達があちらこちらを走り回っています。それらの人達を私はほとんど知らないのですが、現在住んでいる500人余りの住民の誰かの親戚・縁者であるわけで、顔なり仕草なりがその誰かに似ていてるので、「あなたは、◯◯さんの親戚の方ですか?」などと尋ねてみて、それが当たっていたりするとちよっとうれしくなってしまいます。そんなお盆が過ぎ、あふれんばかりの人と荷物を載せて行き交っていた巡航船が、いつもの様子に戻り始めると、診療所には、いわゆる「お盆疲れ」の人連がやってきます。日頃は休みも少なく、過重な労働に追われている漁師さんも、お盆にはまとまった休みが取れ、それに加えて色々な行事が目白押しで、何かと飲み食いする機会が多く、ついつい暴飲暴食をしてしまうようです。しかし、さすがに日頃から自然と体が鍛えられているせいか、回復も早いようです。ちょっと気になるのは、いつもはのんびりと一人、あるいは二人で暮らしているご老人の方々てす。お盆になると遠く離れたところに暮らしている子供達やそのお孫さん達が大挙してやってくるので、その期間だけでも大変なのですが、律儀なご老人達は、お盆の一週間も二週間も前から、黙々と準備を始めます。家を掃除し、障子を張り替え、畳を干して、寝具を整え、食料を大量に買い込みます。お盆がすぎれば、それらの後片づけに追われてしまいます。そして、体のあちこちが痛いとか、食欲がないとか、風邪をひいてしまったとかいって診療所にやってきます。そこで、よくよく話を聞いてみますと、お盆後に体調を崩してしまうのは、いつもの何倍も体を動かさないといけないのも原因の一部であるようですが、どうもいつもとちがうリズムで何日も過ごしてしまうことに、より大きな原因があるようです。いつもは、夜は早く、八時か九時頃には寝て、夜明けとともに起き、昼寝をする時間も十分にとれるような生活から、深夜まで起きていて、昼寝もできない生活が続き、しかも、いつもは何の気をおくこともなく過ごせるのに、肉親といえどもついつい気を使ってしまう子供達やそのお孫さん達が始終まわりにいるのです。お盆を故郷で過ごしてリフレッシュできる裏側には(わかっているとは思いますが)「お盆疲れ」の人連がたくさんいることも忘れないでいてほしいと思います。
 ところで、この様な「いつもとちがう生活を送る」こと、言い換えれば不規則な生活を送ることは、意外と体に不調を来しやすい原因になっているのです。最もわかりやすいのが飲酒です。お酒の飲み過ぎは体に悪いというのは周知の事実ですが、それがともすれば、大量のお酒が肝臓に負担をかげるので体に悪いといった、お酒の量だけの議論になっているのが不思議です。そのことはもちろん重要なことではありますが、ついつい飲み過ぎて午前様になってしまって、それが寝不足を招き、朝食もとれないままに次の日に突入してしまうことも、体にも心にもとっても負担になってしまうのです。
 体は一定のリズムのもとで動こうとします。朝、いつも同じ様な時間に目を覚ます生活をしていると、自然とその時間になると目が覚めます。寝る時間も同様ですべ。食事も同じ様な時間に食べていると、その時間近くになると、なぜかしらお腹が空いてきます。このリズムをできるだけ大切にして守ってあげるのが、体を快調に動かすためにとても重要なことなのでず。少し話は飛びますが、男性に比べて女性の方々に便秘が多いのも、この体のリズムと関係があるのではないかと思います。女性にとって排便(大便)するのは想像以上に大変なことのようで、他人に対する遠慮や恥ずかしさ、便所の数が少ないとか汚いとかいった設備そのものの不備、その他諸々のことが原因で、どうも男性と比較して、気軽に便所に行くことができなく、そのことがひいては、排便とはたまったときにするもので、決まった時にするものではないとなってしまっていて、それが、便秘を多くしているように思えてなりません。排便も、睡眠や食事と同様に、リズムがとても大切なのです。便秘の解消のためには、線維を多く含まれたものをとるようにするとか、水分を十分とることが大切ですが、いつも決まった時間に便所に行くことも、便秘の解消のためにひとまずはしておくべき基本的なことです。たとえでなくでも毎日決まった時間に息むと、体は「そうか、この時間は排便の時間か」と覚え始めるのです。したがって、排便を促す薬も、ただたまってきたから出すために飲むのではなく、このリズムに体をうまく乗せるために利用すべきなのです。具体的には、毎日一定時間(たとえば眠る前)に薬を飲み、一定時間(たとえば朝)に便所に行くことを、−〜二週間続けると、体がこのリズムを覚えてくれるのです。
 ある時間になると眠くなり、ある時間になると目覚め、ある時間になるとお腹が空き、ある時間になると便所に行きたくなる。何か、とても当たり前のことのようですが、社会全体のリズムが多様化している現在において、この様なことができないことが辛くて医療機関を受診する人達がとても多いように感じます。
 自然にとても近いところで暮らし、自然を相手に生計を立てている島では、体のリズムを崩すのは、お盆と正月でしかありません。それだけでも、とても大変なのが一緒に暮らしていてよくわかります。そうでない環境にいる皆さんには、もっともっと自分のリズムを大切にしてもらいたいと思います。(2000年記)
名称未設定.jpeg
posted by M.OKUNO at 10:21| Comment(0) | 医者屋

2019年08月28日

れれれとおじさん

標準形?
IMG_8177.jpg
子供向け
IMG_8178.jpg
書き損じ?
IMG_2528 (1).jpg
名称未設定.jpegおでかけですか?
posted by M.OKUNO at 16:44| Comment(0) | 医者屋

2019年08月26日

真珠漬紀行:磯部の似たものかも?

「あの辺にあったよ~」という情報を得たのであの辺に行ってきました。
伊勢から鳥羽を経由して志摩を結ぶ国道167号線の鳥羽市内加茂にありました。なんと前回磯部に次ぐその日のうちの二連続のゲットです。
IMG_3533.jpg
よくよく見てみると前回磯部の「真珠漬」と酷似しています。
「お土産」も大きさは違うのですが似ています。
IMG_3518.jpg
さて一番上の写真で気付きました?
この黄色い矢印は何なんだろう? この黄色の横線は何なんだろう?
IMG_3541.jpg
名称未設定.jpegわからん。
posted by M.OKUNO at 19:49| Comment(0) | 医者屋